唐沢鉱泉日記帳

| home
八ヶ岳名湯、唐沢鉱泉へようこそ。
2007-9-26 十五夜お月様
 昨夜の中秋の名月は見事でした。
八時過ぎ、唐沢鉱泉玄関前に立つと、まん丸の十五夜お月様が南東の空高く輝いていました。
 山の稜線までが明るく影絵のようにくっきりと浮き出ています。樹々の枝張りまで見えています。
 ススキは外に生えていますが、お団子作りは忘れてしまいました。お月様、すみませんでした。
 明け方の4時、まだお月様は西の空にとどまっているようでした。ほのかな月明かりをとどめて、月は雲の陰でした。
 まだ暗い西の空には水平に雲が掛かっており、その雲の上方が縁取られたように月の明かりで明るくなっていました。
 その趣に、つい庭に出て佇んで見てしまいました。
そして今日、晴天の空が広がっています。
 今も、あのまん丸の状態であのお月様はこの地球のどこかを回っているのでしょうか。
2007-09-26 11:08:37. No.126

2007-9-20 再び、ニシキウツギが…。
 昨日今日は唐沢鉱泉でも暑いくらいの晴天続きでした。
山に登られたお客様はどなたも大満足でのお帰りでした。
 唐沢ではめったに聞けないセミの声が、このお彼岸の入りになってもけたたましく聞こえています。珍しいことです。

 男湯の浴槽脇のあの【ど根性なニシキウツギ】の木が、再び可愛い花を咲かせ始めています。
 土のない、岩の割れ目に根付いた木です。
 小さかったつぼみが日毎にいくつも膨らみ、白からピンク、そして真紅の花へと変わりつつ、入浴のお客様を楽しませてくれております。
 野に咲く初夏の花ですが、手の届くような浴槽脇に、春早くに咲き、またここで咲き、それがまた初冬に咲いて来て、唐沢鉱泉を閉じるまで咲いている花です。
 【暖かい浴室で、一年中頑張っている健気な花です。】
  
2007-09-20 20:53:26. No.125

2007-9-18 秋の気配が。
 昨日の強風の不安定なお天気と打って変わって、今朝から良いお天気になっています。
諦めていらっしゃったお客様も元気に早朝から頂上目指して登って行かれました。きっと良い山行が期待できることでしょう。
 唐沢鉱泉の周辺も秋の気配が訪れて来ました。
 庭の【もみじ】も早、色分けして紅葉が始まり、カモシカに食べ残された【紫の鮮やかなトリカブトの花】が綺麗に咲いています。
八方台入り口の対岸辺りの【山桜の群生】がほんのり色づいてきています。この辺りは一番最初に紅葉し、鮮やかな紅葉地域です。
 車道の道脇には【ススキの並木】がガードレールのように続いています。すっかり穂も広がって、風が吹くたびにゆらゆらとそよいでいます。ここを通るたび秋を感じます。
 青空は広がり八ヶ岳の稜線もくっきりと、山肌のひだまで良く見えています。
 いつも今まで、稜線の後ろに聳え立っていた入道雲もいつの間にか秋の雲に変わっています。
 あちらこちら見ながら、時の過ぎる速さを実感しています。
 【秋の気配を感じながら、今年の紅葉の美しさと、紅葉を長持ちさせてくれる好天を期待しています。】
2007-09-18 16:01:48. No.124

2007-9-15 25年ぶりのお客様
お若い頃、良くお越しくださっていたお客様が25年ぶりに本当に久し振りにお越しくださいました。
 まず驚かれたことが、車道の良くなっていた事。
25年前は、車を運転するのも大変だったこと、ガタガタ道で溝や大きな石をよけながら良い所を探しながら、頭を車の天井にぶつけながら乗ってきた事。
 建物の変わったこと、お風呂の変わったこと、電気の入っていた事、子供だった息子達の大きくなっていた事。 
 懐かしがりながら、感動し、頑張ったねと褒めてくださいました
 そして、主人の努力を称え、亡くなった事を心より残念がってくださいました。
昔のお客様がまたお越しくださったことを心より嬉しく思いました。
 
 
2007-09-15 22:16:46. No.123

2007-9-12 移り変わる秋の空。
天気予報は雨から晴れ。
 朝から雨で明けました。
暫く経つと、天気予報どおりに雨も上がって来ました。
午前中、雨はすっかり上がり、林道を下って行く車窓の向かいには、遠く群青色の山々の峰だけが点々と雲海の上に姿を見せ聳え立っています。
 中央アルプス、北アルプスの峰々です。
 その峰々の上には、横の筋状に青空が見え始めています。
予報どおりに晴れの予感がする空模様です。
用事を終え、唐沢鉱泉に向かう八ヶ岳の山々は、すっかり晴れ渡った青空の下、やはり中腹に雲海を従えながらも群青色に聳え、堂々と連なっていました。
今朝の雨がウソのような、青空が一面に広がっています。
そして夕方、空が段々に茜色に変わってきています。
久し振りの夕焼け空です。唐沢鉱泉の空が真っ赤に変わってきています。
唐沢鉱泉から見る、谷あいの逆三角形の西の空も、御嶽山を中央に見事に真っ赤な茜空が広がっていました。
 とても、とてもきれいな茜空でした。
暗くなるまで、見ていた夕焼け空でした。
 明日もきっと、良いお天気になることでしょう。
2007-09-12 20:27:33 No.122

2007-9-7 台風そして停電。
 大きな台風の余波で大変でした。
特に被害はありませんでしたが余波の大風のため、三井の森の別荘地の中の樹が倒れ、電線に障害が起き、14時間も停電してしまいました。
 まだ、お客様方が夕食後に食堂で歓談していた時間でしたので慌ててしまいました。
 食堂のお客様には、ランプ、懐中電気、そしてローソク。
 お部屋に帰ったお客様には、懐中電気を届けました。
廊下の各所にランプを置き、ローソクを何本もを立てました。
最初のうちは非常灯が明るく点いていましたが,やがて暗くなりランプとローソクのほのかな明かりなりました。
 お客様には趣があると喜んでいただけましたが、14時間に及ぶ停電には本当に閉口しました。
 14年前(平成5年10月19日通電)までは通電していなく、開業以来23年間は自家発電、ランプ、ローソク、懐中電灯などで営業し、そして暮らして来ましたが、電気に頼った暮らしになると、本当に頼りきってしまう事を改めて痛感しました。
 水道も、トイレも、ボイラーも、テレビも、灯りも、電話も、炊飯も、何から何まで、電気のお世話になっています。
 改めて、電気のありがたさを知り、電気の無かった頃の日々を懐かしむも、良く暮らしていたものだと感心し感慨を深めました。
 【お客様にはご迷惑をおかけしました。】
2007-09-07 23:01:35. No.120

しとやか
台風の被害が気になっていました。大変でしたね。お見舞い申し上げます。
ランプといえば懐かしい気がしますが。電気が当たり前になった今ではその大変さは想像を超えているでしょうね。
今日は台風一過晴れているでしょうか。
2007-09-08 11:57:49. No.121

2007-9-5 孫娘の誕生日
 今日は孫娘の9歳の誕生日です。
家族、従業員一同でハッピーバースデーの歌を合唱しました。恥ずかしそうにはにかんでいる様に成長を実感しました。
 祖母の私がいつも、「早く大きくなって唐沢鉱泉を手伝ってね。」と言っていますので、今はその積もりでいるようです。
 子供心に、いつも私が嬉しくなるような言葉を言ってくれている可愛いく、優しい娘です。
 いつまで、その気で居てくれるのかな…。いつまで私を喜ばせていてくれるのかな…と,はにかんだその顔を見ながらふと思ってしまうババの私が居ました。
 【孫娘と一緒に唐沢鉱泉で仕事が出来たら…夢のようです。】
2007-09-05 20:09:38. No.118

しとやか
Rちゃん、9歳のお誕生日おめでとう!
生まれた日が昨日のことのようです。健やかに可愛くいつも会って嬉しいRちゃんです。
唐沢鉱泉のスタッフの仲間入りが楽しみですね。
私も元気で通わなくては。
2007-09-06 16:19:28 No.119

2007-9-4 布団干し
 昨日は快晴の暑い一日でした。
一昨日は曇天の為、天狗岳に登っても雲の中を歩かれたお客様は非常に残念がってのお帰りでした。
今日は朝から快晴、天気予報も良かったので、久々の布団干しの始まりです。
ベランダ、サンルーム、屋根、車の上、ベンチの上、丸太の上、ありとあらゆる陽射しの場所に布団を広げました。
 あたり一面、賑やかくなって、花の咲いたような風景です。
 でも、昼前から、あんなに良かった青空に雲が広がってきました。
 天気予報を信じたのに~~~。
空ばかり見て、様子をうかがうばかり…。
街から上がってくる方は皆、「下は快晴で暑いですよ。」
 その言葉を信じて、じっと我慢。
案の定、昼過ぎからまた強い陽射しになり、布団干しの完了。
 休みで天狗岳に登り、一周を5時間で帰ってきてしまった従業員の彼女は、「頂上から見ると頂上辺りは陽が強いのに、中間の唐沢鉱泉の辺りは雲の中でしたよ。」と言っていました。
 その雲の中で、私は空ばかり見て、様子を窺っていたのです。
  【とにかく、良かった。今日の布団干し完了、ゆっくりお休みください。】
2007-09-04 19:27:50. No.117

2007
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2008
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2009
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2010
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2011
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2012
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2013
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2014
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2015
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2016
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2017
1
2
3
4
5
6
7
最新記事(1-100) - 全て表示
284 どこまでも青い空 [2016-5-23]
283 アズマシャクナゲと一輪のクロユリ [2016-5-20]
282 冬期休業 [2015-12-23]
© 2015 ニュース・ログ MOUNTAINTRAD® Inc.