米野旅館(岐阜県 乗政温泉) [山の温泉ガイド]

| English | home

秘湯の一軒宿 - 岐阜県 益田郡下呂町

山の温泉ガイド 岐阜県版 > 乗政温泉 > 米野旅館 > camera
【概略】秘湯の一軒宿 米野旅館-岐阜県 乗政温泉 益田郡下呂町
【特典】
【ご予約】
【営業】宿泊は暫くの間お休みしています。
【日帰り入浴】
【住所】下呂市乗政2791
【電話】(0576)26-3311 【電話】
【地図】国土地理院
特徴
いつの頃の建築なのか、赤く光る梁やムクの木の手触り、二階客室部の通路に敷かれた畳、そして趣のある客室など、思わずホッとする宿です。谷を詰めて一番奥にある、飛騨の大工によるという木造伝統建築の一軒宿。 木の香いっぱいの槇をめぐらした湯船に浸かり、梁を重ねた浴舎小屋部を眺め静寂のひと時です。そして驚き感動したのが、鯉の造り、まさか一人の為に鯉の姿造りが出てくるとは想像もしていませんでしたので...、薄皮の残るきれいな厚切りの身を二切れづつほお張って頂きました。アマゴ唐揚げは岩魚と比べ骨が柔らかく頭から丸ごと頂け、締めのむかごご飯自体がおいしいですが、松茸土瓶蒸しと卵ぎっしりの子持ち鮎が付いており、さらに感動しました。 ほかに定番の飛騨牛朴葉味噌など次から次に凄いボリュームです。 裏山があり、川がある昔の田舎の自然を大切にしており、田舎に帰ったような温かなおもてなしと、温かな料理を心がけている宿。まさにその通りの宿です。




裏手の滝のライトアップ




二階部が客室になります


中庭にある蔵。

 
朝食


朝食の温泉粥は二百年前に栃粥のようだと評判になった伝統の味です。

料理
川魚アマゴ・鯉姿造り・山菜料理 飛騨牛の朴葉みそ焼き、秋はむかごご飯に鮎塩焼き。


夕食時の広間


先付け、地蜂 蜂の子


鯉姿造り ※人数に合せたサイズ


アマゴ 柔らかくサクッと頂けます。


飛騨牛朴葉味噌


むかごご飯もおいしい!松茸土瓶蒸しに卵ぎっしりの子持ち鮎


平日なら10650円でこのボリューム!


鯉料理は池で育てた自慢の一品です。

料金
※1泊2食付き、消費税込・入湯税別
¥9,450~¥15,750 お料理によります。
休前日 \2,100UP
内湯


木の香に包まれ静寂の槙の湯舟


飛騨の大工さんによる檜の浴舎。


赤い湯の花が沈殿している源泉。

岩風呂とひのき風呂が時間交替制で24時間お入り戴けます。

TBS「火曜サスペンス劇場」のロケが行われた事があり、岩風呂のシーンもありました。
客室
9室、35名


欄干のある客室


清潔な寝具

施設


肘木を使った広間 30畳

最寄り駅
高山線下呂駅から濃飛バス、乗政行き終点下車

- Top - 岐阜県下呂市乗政2791
電話0576-26-3311 FAX0576-26-2654
送迎
20名様以上、岐阜・近県ご相談下さい。
駐車場
完備
2017-12-17(日)

Loading...
km

米野旅館 口コミ

乗政温泉 米野旅館 - 2009-10-23 [匿名]
お陰さまでゆっくり休むことができました。建物は昔ながらで、田舎の親戚に遊びに行ったような感じがして落ち着きます。このままの雰囲気を残せるよう維持管理してくれることを望みます。お風呂は広々としていて開放的、湯船は槙製で簡素ながら好感が持てます。夕食はとても豪華で、胃袋がはちきれんばかりでした。川魚好きにはたまりません。ついつい熱燗が進みます。朝食も豪華で、朝から満足できます。朝風呂は7時からでしたが、6時ころから入れるとありがたいです。料金と比べ、満足のいく宿泊でした。WEBでの予約のおかげで、お酒が一本付いたのはありがたかったです。