栃尾又温泉(新潟県) [山の温泉ガイド]

| English | home
自在館
自在館
【概略】新潟県 栃尾又温泉 @魚沼市 枝折峠入り口ぬる湯ラジウム泉、奥まった渓谷に数軒
【泉質】ラジウム温泉 無色透明 37.2℃ラドン:64.6X10_10/17.8キュリーマッヘ
【標高】約500m、渓谷を望む秘湯
【環境】3軒
【登山・観光】奥只見銀山平、銀山湖・枝折峠・越後三山(駒ケ岳・中ノ岳・八海山)・尾瀬

特徴
秘境、奥只見の玄関口、佐梨川支流の深い渓谷にある秘湯。静かな自然環境の中にあり、鄙びた湯治場の面影を残している。
温泉は約1200年前開湯の弱アルカリ性の日本屈指のラジウム泉(自在館1号35.9マッヘ)です。体温とほぼ同じ温度の36度前後である事から不感温泉とも言われ、源泉が注がれ流れ対流する感覚だけが肌に伝わってきます。寒い季節は熱交換で加熱しますが、したの湯では基本源泉掛け流しで利用され、加熱した上がり湯も掛け流されています。よく温まり子宝の湯としても知られている。
奥只見、銀山湖から尾瀬を境に福島県・群馬県と県境を接する湯之谷村は奥深い自然がいっぱいです。


栃尾又温泉入り口から


道路はここまで、静かな温泉です。


栃尾又の大杉・夫婦欅と薬師堂

名所・観光


奥只見レクリエーション都市公園から越後駒ケ岳

奥只見・銀山平・銀山湖(登山道から 2014-10-29)
枝折峠をゆくと、突然右手に視界が開け、蛇行して流れる北の岐川(永久禁猟区)がみえます。日本ではないような景色です。

越後駒ケ岳
標高2002.7m 越後三山のひとつ。
枝折峠ルート:ロングコース、5~6時間。
北の岐川からのルートもあります。

尾瀬沼
奥只見ダムから定期船、バスと乗り継ぎ沼山峠まで約1時間45分。そこから徒歩で3.6Km約50分
注)バスは予約が必要です。
奥只見郷インフォメーションセンター 
電話02579-2-7300

源泉
弱アルカリ性 ラジウム温泉、無色透明 37.2℃
ラドン:64.6X10-10/17.8マッヘ
自在館1号(自然湧出77L/m):
28.5℃ pH7.9 131X10-10 Ci/kg (35.9マッヘ)


したの湯


川床にある したの湯の湯口、この真下が源泉

効能
慢性皮膚病・婦人病・糖尿病・痛風・胃腸病・冷え性・切り傷・動脈硬化・高血圧・不眠症・間接のこわばり・アトピー・水虫
共同浴場

湯之谷温泉センター:宿3軒の共同管理、宿泊者無料
※日帰り入浴不可(自在館さんにて昼食休憩での利用はできます。)
電車で
上越新幹線利用
浦佐駅→上越線→小出駅→栃尾又温泉行きバス約35分→終点下車→徒歩1分
お車で
関越道利用
小出IC→R17→R352経由約10Km
問い合わせ
2017-11-25(土)
Loading...
距離(Km)
km