泥湯温泉(秋田県) [山の温泉ガイド]

| English | home
【概略】秋田県 泥湯温泉 @湯沢市 マッドポットのある秘湯、泥湯
【泉質】単純硫化水素泉 80.5℃ 白濁単純硫黄泉 79.6℃ 僅かに白濁以上奥山旅館源泉 旅館それぞれに独自の源泉を引いており 泉質も少しずつ異なります (泥成分の量もそれぞれ )
【標高】約750m、山間の温泉
【環境】4軒
【登山・観光】川原毛地獄・川原毛大湯滝・三途川渓谷・高松岳・木地山高原・子安峡大噴湯・十王堂・地熱発電所

特徴
高松岳山麓のくぼ地に小さな集落を成す静かな山間の温泉、鄙びた風情がある。ゴーゴーと噴煙上げる、川原毛地獄がすぐ近くのためか、薬師神社付近にはたくさんのマッドポットが顔を覗かせ、ゴボゴボと地球の息吹が聞こえるようです。隣の沢にある川原毛大湯滝とともに火山系の湯を堪能できる温泉です。


温泉街とマッドポット群





奥山旅館の湯屋
日帰り入浴:500円
8時~17時

高松岳
1346m、登山口は温泉上、又は川原毛口、約3時間。

川原毛大湯滝
泥湯から車で5分程で川原毛地獄上の駐車場に出ます。徒歩約25分で地蔵森駐車場、更に約20分下ると大湯滝です。川原毛大湯滝は日本一とも云われる湯の滝、いくつかの滝壷が湯舟となり、温度・泉質・環境ともに素晴らしいものです。特に酸味のある硫黄臭がたまりません。
※冬期は地蔵森への道路及び川原毛地獄への道路ともに通行止めになります。

源泉
単純硫化水素泉 80.5℃ 白濁
単純硫黄泉 79.6℃ 僅かに白濁
以上奥山旅館源泉。
旅館それぞれに独自の源泉を引いており、泉質も少しずつ異なります。(泥成分の量もそれぞれ。)
効能
高血圧・動脈硬化・末梢循環障害・リウマチ性疾患・糖尿病 他
共同浴場
なし
電車で
山形新幹線利用
東京→山形新幹線つばさ、最速約2時間30分、山形駅→奥羽本線、約2時間→湯沢駅→泥湯温泉行きバス約1時間20分、終点

※バス:泥湯温泉行きバス終点、泥湯温泉(夏期)、11/1~4/30はいこいの村バス停が終点
お車で
東京方面から
浦和IC→東北道→一関I.C.→R342栗駒高原→県道282、R398、地方道51を経て約66Km

※冬期 R342・R397・R398は通行止め
浦和IC→東北道→北上Jct→秋田自動車道→横手I.C.→湯沢横手道路→湯沢I.C.→R13、地方道51を経て約26Km
問い合わせ
2018-09-22(土)
Loading...
km