濁河温泉(岐阜県) [山の温泉ガイド]

| English | home
湯元館
湯元館
【概略】岐阜県 濁河温泉 @益田郡小坂町 御嶽山登山口、高地に温まりの名湯
【泉質】含土類芒硝泉 52℃ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・硫酸塩・炭酸水素塩泉
【標高】標高1800m、山の温泉
【環境】13軒
【登山・観光】御嶽山・チャオ御岳リゾート・濁河温泉スキー場・仙人滝・緋の滝・白糸の滝・原生林遊歩道

特徴
御嶽山6合目飛騨側の登山口にあたる温泉。日本有数の高所に湧く温泉であり、標高1800m(源泉位置)に温泉街を形成するのはここと万座のみと思われます。御岳自然休養林の中にあり、原生林遊歩道の散策や滝ウォッチングが楽しめる。チャオ御岳スキーリゾートへは平成11年より除雪される事になり、約30分の快適アクセスです。濁河温泉スキー場へは約1Kmです。温泉は薄茶微濁で、やや熱め、大変よく温まります。


御嶽山 3068.4m


白糸の滝


湯元館湯口


仙人滝


7合目付近の登山道、05/10/10


剣ヶ峰下のカルデラ、二の池

霊峰、御嶽山

北アルプス最南端の独立峰。最高峰、剣が峰・摩利支天山(2959m)・継母岳(2867m)・継子岳(2858m)の4峰がある。濁河温泉登山口から約3時間の飛騨頂上(五の池小屋)までの往復登山者も多い、そこから約100分、サイノ河原、コバルトブルーのカルデラ湖二の池を経由し山頂、剣ヶ峰3068.4m、御嶽山奥宮。詳しくは御嶽山と濁河温泉(日本百名山と山岳温泉)

源泉
含土類芒硝泉52℃
ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・硫酸塩・炭酸水素塩泉
効能
神経痛・高血圧症・筋肉痛・関節痛・五十肩・慢性消化器・婦人病・胃腸病
共同浴場
町営露天風呂(男女別)
電車で
富山→高山本線→飛騨小坂駅→バス
名古屋→高山本線→飛騨小坂駅→バス

濁河温泉行きバス約80分、終点

お車で
  • 富山→R41高山、R361、秋神経由で約110Km
  • 東京→中央道→松本IC→R158安房トンネルを経て約130Km叉は野麦峠を経て約110Km
  • 名古屋→名神道→小牧IC→R41小坂を経て約150Km。
問い合わせ
2017-11-25(土)
Loading...
距離(Km)
km