川湯温泉(和歌山県) [山の温泉ガイド]

| English | home
かめや
かめや
【概略】和歌山県 川湯温泉 @田辺市本宮町 世界遺産熊野古道、川原露天風呂、冬期は川全体が仙人風呂
【泉質】ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉(含食塩 重曹泉) 73℃ 無色透明「仙人風呂」冬期11月~2月1月には大カルタ会があります 写真:本宮町観光協会
【標高】約100m、川原に湧く野湯
【環境】数軒
【登山・観光】熊野本宮大社・熊野古道、発心門王子・大塔渓谷・温泉薬師・瀞峡、筏下り、ジェット船

特徴
 標高的には約100m、しかし1122mの大塔山麓にあり、すっぽり山の中の温泉です。川原には熱い重曹泉の湯があちこちで湧き、これを清流で温度調整し、玉砂利を掘っただけの自然そのものの露天風呂に入るのがここの入浴法です。そう、まさに川湯なわけです。夏は川遊びをし、川床を掘り、自分専用の露天風呂に浸かることもできるそうです。そして冬は川の水量も少なくなり、川全体が名物の「仙人風呂」になります。


熊野三所権現の中心、熊野本宮大社

熊野古道を発心門王子から熊野本宮大社まで約3時間


十二薬師堂


熊野古道、「発心門王寺」


夏期、川湯は旅館の管理になります。
かめやさんにお断りの上ご入浴ください。
源泉
ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉(含食塩、重曹泉) 73℃ 無色透明


「仙人風呂」冬期11月~2月
1月には大カルタ会があります。
写真:本宮町観光協会

効能
神経痛・冷え性・美肌
共同浴場
公衆浴場1
川原の露天風呂は無料又は寸志(200円)。
※各旅館で管理していますので断ってお入りください。
電車で
新大阪→JR紀勢本線特急、約2時間20分→紀伊田辺→本宮行きバス、約1時間55分、川湯下車

名古屋→JR紀勢本線特急、約4時間→新宮→本宮行きバス、約60分、川湯下車

近鉄八木駅→本宮又は新宮行きバス、約5時間
お車で
大阪松原IC→阪和自動車道・南海湯浅道路、約100Km→御坊IC→R42からR311、約100Km

西名阪柏原IC→五条、約25Km→R168、約103Km
問い合わせ
本宮町観光協会:電話0735-42-0735
2017-11-22(水)
Loading...
距離(Km)
km