金泉湯(山梨県 増富ラジウム) [山の温泉ガイド]

| English | home

湯治療養 - 山梨県 北巨摩郡須玉町

山の温泉ガイド 山梨県版 > 増富ラジウム > 金泉湯 > camera
【概略】湯治療養 金泉湯-山梨県 増富ラジウム 北巨摩郡須玉町
【特典】
【ご予約】
【営業】当面の間休業。
【日帰り入浴】
【住所】北巨摩郡須玉町小尾6722
【電話】(0551)45-0211 【電話】
【地図】国土地理院
09年3月営業終了しました。長い間お引き立て頂き大変ありがとうございました。
特徴
旅館街の奥を左にそれ、勾配のある坂道を少し上ったところに駐車場がある、そこから徒歩5分の奥まった自然の中に建つ。源泉と本館建物は、以前村の共同所有だったものを受け継いだもので、源泉の泉質、効能、温度は増富でも随一のものです。特に湯温があることで、抵抗無く源泉槽に長時間浸かることが出来、結果的に豊かな効能に浴する事になります。自炊・半自炊も可能になっており、病気治療、長期滞在に利用されています。森林浴と温泉浴で湯治が楽しめそうです。
上がり湯も源泉100%で利用し、食事は健康食に気遣い、朝7時にはお茶盆一式交換して下さるなど、湯治宿としてきっちりとした仕事をされているように感じました。

※湯治療養専門の宿です、特に本館は温泉旅館のようなサービス・快適さ・豪華なお料理ではありませんのでご注意ください。
※冬はストーブ貸出1日300円、寒さ対策もお考えの上お出かけください。敷布団2枚・掛け1枚ありますが、寒い日は掛け布団もう一枚お貸しします。
※夕食は4時からですので3時までには到着してください、湯治宿ですので登山や釣りの方の1泊のご利用はお受けしていません。



「120~130年前建築の本館」
階段のクサビが印象的。


※駐車場から坂道を徒歩5分かかります。


本館玄関と奥に客室棟。
川には真っ赤な湯が流れています。


談話室(館内暖房はこのストーブのみ)

料理
野菜主体の和食 

お刺身や焼き帆立などに素材の良さが感じられ、つみれや山芋など健康食に気遣っています。ご飯は香りが良く、揚げたての鳥から揚げはジューシーで美味しく頂きました。
  • 夕食は4時からです。
  • 魚・てんぷら・刺身など
  • 7日単位の日替わり、朝夕部屋食
  • 湯治連泊のお客様にはおやつ付き
一例
前菜(帆立・シソ巻き)、山芋千切り明太、たこ酢の物、帆立・ホッキ刺身、ブリ大根、鳥から揚げサラダ添え、つみれ汁。


夕食


朝も健康食、永井の海苔です!


お茶盆は朝7時交換

湯治用自炊場、コイン式ガス・冷蔵庫・電子レンジがあります。


別館客室棟


襟にタオルもつききれいな寝具。


別館客室


新館客室

料金
※サービス料10%・消費税込・入湯税込、大人お1人様
一泊二食 本館 本館 自炊部のお部屋8,813円、本館ふす間仕切り9,390円、別館 縁側付9,968円
新館 12,278円~
半自炊 本館 6,503円

自炊

本館 5,348円
  • 半自炊はごはん、漬物、味噌汁、他1品付き
  • 寝具、シーツ、ゆかた(4泊目交換)、丹前、食器、なべかま、自炊道具付き
  • ストーブ貸出:1日300円(炬燵はあります。)
  • テレビはコイン式


本館二階客室(旧館、自炊湯治向け)

チェックイン・アウト
チェックイン、12時、遅くとも4時まで
※4時から食事の関係もあり、登山帰りの方の予約は難しいようです。
チェックアウト、10時
内湯
混浴のみ。女性の方は湯衣・バスタオル等を着用できますのでご持参ください。
※2003.5.31現在女性風呂は使用していません。
  • 冷泉(源泉32℃)、上がり湯の2つの浴槽があり、交互に入ると血行を促進し湯治効果を高めます。上がり湯も源泉100%、大量の冷泉投入と加熱を繰り返す為、新鮮な源泉に浸かれます。


リニューアルされた檜風呂(五右衛門風呂)と源泉槽 H16.3
日帰り入浴:600円、9:00~16:30 休憩無し

客室
25室、60名
新館6室、内2室トイレ付き
施設
最寄り駅
韮崎駅から増富温泉行きバス(約1時間5分)終点

- Top - 山梨県北巨摩郡須玉町小尾6722
電話0551-45-0211 FAX0551-45-0021
送迎
送迎は介助の必要な方の時、宿の駐車場またはバス停までお出迎えさせていただくとの事です。
駐車場
数台、駐車場から徒歩5分
2018-09-22(土)

Loading...
km

金泉湯 口コミ

金泉湯、ラジウム温泉談義 - 2008-05-06 [茶の香り さま]
お世話になりました。立ち寄り湯での訪問はあったのですが、宿泊することでラジウム温泉の効能とお風呂談義で楽しく過ごすことができました。時間が許せばゆっくり滞在してみたい宿です。ご宿泊の皆様は、定期的に滞在される方々でしたので、私のように1泊で予約が取れたことを不思議に思われていました。予約の経緯をお話させていただきましたが、皆さん、宿のHPとその申し込みシステムについてはご存知なかったようです。そんなことを聞くと、ちょっと得した気分になりました。他の「山の温泉ガイド」もいただければ幸いです。
増富ラジウム 金泉湯、湯治9泊 - 2007-08-21 [U さま]
期待以上に満足しました。時間を見つけて何度も行きたいとおもいます。お世話になりました。
増富・金泉湯 - 2006-09-19 [各駅停車さま]
増富・金泉湯 8月11日から15日の予定で、自宅からすべて各駅停車の電車で出かけました。時間は2時間50分で韮崎に到着、そこから1時間のバスの旅、バスを降り徒歩で小さな温泉街を抜け、橋を渡り坂道を登ると、左に小さな上り坂(少し急ですが)3分ほど登ると金泉湯の駐車場、そこから更に登ること8分ぐらいで宿に到着(すごい坂です)、外観から見たら一瞬帰えろかな(宿の皆さんごめんなさい)と思うくらいに古風な山の上の一軒宿でした。チェックインを済ませ、部屋に案内され中を見ると、クーラー、扇風機は無く大汗をかいた私は、とりあえずビールを注文。窓を開けると網戸も無し、こんな部屋で4泊もするのかと思うと目の前が真っ暗。湯治場特有の自炊で申し込んで合ったので、夕食の買い物にさっき登ってきた坂を下り温泉街につくと、自炊に必要な材料が少ないというか、パンとカンズメしかない。持参したカップヌードルでその日の夕飯にしようと、急な坂を大汗をかきながら宿に到着。源泉30.7℃という温泉に向かった。手を入れるとものすごく冷たいが汗をかいていたので、体を冷ますつもりで入浴、ところがこれがまた気持ちがよい。10分、30分、1時間と入浴してしまった
増富ラジウム、金泉湯 - 2006-08-05 [ポパイ&オリーブさま]
先日は金泉湯への予約で大変お世話になりました。昔のまま時間が止まったかのような雰囲気が残る宿で、旅という、非日常の世界を堪能することが出来て、貴重な体験でした。混浴で入れるお湯の質は非常に良いし、夕食も朝食も部屋食ですし、このような宿は個人的には嫌いじゃないのですが、人によって、好みが分かれるかなとは思います。やはり情報収集して納得の上で行かれたほうが楽しめるでしょう。予想外だったのは宿の夕食時間の早さです。山小屋でもないし6時より早いことはないと思って行きましたが、4時過ぎには夕食と案内され、実際には4時15分に運ばれました。逆に朝食は遅めで8時なので、登山の場合は注意が必要でしょう。また自炊対応の宿なので10円玉式のガスコンロが使用できます。洗濯機も無料で使えますが、乾燥機はありません。ちなみにテレビは100円玉式で2時間見られるものでした。あとは…窓の隙間から虫がかなり侵入するのも一興でしょうか。とはいっても皆さんに是非一度はお泊り頂きたい宿の一つです。