唐沢鉱泉日記帳

| home
八ヶ岳名湯、唐沢鉱泉へようこそ。
2010-4-29 風、雨、雪、霰そして晴れ
目まぐるしいお天気の一日。
 強い風の音で目覚めました。早朝温度3℃。
  辺りは暗く、音を立てて通り過ぎて行く強い風。
 横殴りの雨に変わり、雨は雪に変わり、雪は霰に変わり、そしてまた吹雪に変わって行きました。
 昼近くから次第に穏やかになり、やがて青空が広がってきました。でも、風はまだまだ強く、稜線の木々を大きく揺らしてゆきます。
早朝に登ったグループのお客様、「大変だったよ~。すごいお天気だったよう~。でも楽しかったよ~。」と、夕方近くお帰りになり、浴室に跳び込んでで行かれました。
 お疲れ様でした、ゆっくり温まってください。
 
  • 01
  • 02
  • 03
2010-04-29 17:06:24. No.221

2010-4-28 男湯の【ど根性ニシキウツギ】
昨日とはうって変わって穏やかな暖かな日になりました。
朝もやの中の早朝もいつの間にか晴れて、暖かな陽射しに包まれた一日になりました。
 男湯の【ど根性ニシキウツギ】も17年目の春を迎えています。平成6年新しくなった浴室の岩組みの中から実生で成長してきました。まだ今は芽吹き前です。
 年を経るごとに成長し、コブの様になった根元は岩の割れ目を裂けそうなほどに拡がってきています。
 無数の白い長い根が窓際の岩の壁に這い伸び出てきています。
 伸びた枝は湯船に被いかぶろうとしています。
春になるたびに、「今年も頑張ってね…」と声援を送っています。
 新芽が出て、葉を拡げ、枝を拡げ、白から紅に変わる沢山の花をシーズン中に何回も咲かせてくれるニシキウツギ。
 今年も楽しみにしています。
  【スミマセン!男性の方にしか楽しんで頂けません。】
  • 01
2010-04-28 20:10:23. No.220

2010-4-27 外は細雪、浴室は緑濃く。
外は静かに細雪が降っています。
 積もるところまではゆかず、地に舞い落ちた雪は静かに融けてゆきます。
浴室は緑が拡がっています。
 今年はどうしたことでしょうか。
 厳寒の浴室はいつもより暖かかったからでしょうか。
  例年でしたら、寒さに負けて、枯れ朽ちてしまうシダが大きな葉を拡げて、そのまま残っていました。
 その間から、また今年の小さな新芽が顔を出し始めています。
岩の苔も日に日に緑を増して、いつもより緑濃い浴室になって来ています。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-04-27 15:33:56. No.219

2010-4-26 営業、開始いたしました。
4月24日、今年度の営業を開始いたしました。
 季節外れのうっすらと雪化粧した早朝、気温-4℃。
  寒い朝ですが、輝く朝陽の射す中の営業開始です。
 今年度もよろしくお引き立てください。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-04-26 18:54:21. No.217

しとやか
オープンおめでとうございます!
今年は初風呂に出かけられず残念。
御柱「里曳き」にはうかがいますのでよろしくお願いします。

みなさん健勝で本年度もよろしくお願いします。
2010-04-27 00:02:56. No.218

2007
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2008
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2009
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2010
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2011
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2012
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2013
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2014
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2015
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2016
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2017
1
2
3
4
5
6
7
8
9
最新記事(1-100) - 全て表示
284 どこまでも青い空 [2016-5-23]
283 アズマシャクナゲと一輪のクロユリ [2016-5-20]
282 冬期休業 [2015-12-23]
© 2015 ニュース・ログ MOUNTAINTRAD® Inc.