唐沢鉱泉日記帳

| home
八ヶ岳名湯、唐沢鉱泉へようこそ。
2010-5-31 旬の味覚
この春の陽気ははなかなか安定せず、山菜の成長具合も見当が付きませんでした。
唐沢鉱泉では【年末年始に謝恩をかねて空クジ無しのお楽しみ抽選会】を行っています。
 例年の恒例行事で、皆さん楽しみにしてくださっています。夕食後、一堂に集まり、大賑やかなすごい盛り上がりになります。
 人気は【ペアー無料宿泊券】と【旬の味覚】です。
 旬の味覚とは、その季節季節の採れたての味覚をお送りする当たりクジです。
 春の山菜、夏の野菜、秋の…。と言った具合です。
今春はまず、【コシアブラ】が採れました。
 少し大きめになっていましたが、当選者の方々にお送りしました。
 皆さんから喜びの声をお電話でお手紙で、またファックスで頂きました。
採るのは大変ですが、喜んでいただけると嬉しいことです。
 次回は何になるのでしょう、きっと【ワラビ】かな、採れると良いな~~!
  • 01
  • 02
2010-05-31 20:43:28. No.249

2010-5-30 ツンツンと…。
【男湯のニシキウツギの花盛り。】 
 白、ピンク、紅色…と移り変わる蕾から花の数を数えると100個以上も付いていてとても賑やかな花盛りです。
 湯に浸かって見上げると、お花見が楽しめます。
  男湯ゆえに、男性の方にしか楽しんで頂けないのが残念です。
 その窓辺の外には、ツンツンと針状に地面からいっぱい芽が出ています。
  【スズランの群生です。】
 日毎に伸びて、葉が広がり、地面を埋め尽くし、かわいい花を葉陰に持つのももう少し先です。
 その脇には、冬の間にウサギか鹿に樹皮を食べられてしまった【ナナカマドの樹】が大きな傷にも負けずに、うっすらと新芽を出してきています。
男湯も女湯も、浴室の中も外も自然を楽しみながらゆっくり湯浴みが楽しめます。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
2010-05-30 19:46:08. No.248

2010-5-26 停電、そしてシャクナゲ!
朝からどんよりと雲の重いお天気です。
 昨夜は閉口しました。雷により夜9時から夜中の12時過ぎまでの長時間の停電でした。
 昔は電気も来ていなく(平成5年通電)、それなりに営業していたのですが、現在は当たり前に電気のある毎日に慣れてしまっています。急の停電に用意はあるものの慌てふためき、不便極まりない事を痛感した昨夜でした。ありがとう!中部電力様!!

庭の【アズマシャクナゲ】が咲き始めてきました。
 濃いピンク色で周囲が賑やかに、華やかになります。
 昨年は本当に沢山咲きました。
  今年も賑やかにたくさん咲いて欲しいです。
  • 01
  • 02
2010-05-26 09:43:34. No.247

2010-5-25 30年来のお客様
雨と風の中、予定通りにお越しくださいました、30年来のお客様。
 唐沢鉱泉の30数年をじっと見守り、お引き立ていただいてきた心強いお客様です。
 顔を見るとホッとし、言葉を交わすとまた元気が出ます。
同行なさった方ご持参のお道具でお手前のお茶を頂き、昔話と思い出話にゆっくりした時間を過ごされました。
うって変わった今日の晴天に喜び、初めてご案内した源泉の神秘さに驚く同行のお客様に喜び、ベランダから望む唐沢鉱泉の周囲の変わらぬ大自然に改めて感激していらっしゃいました。
 その姿に私も本当に嬉しく思いました。
50代で初めてお越しくださって30数年、いつもご一緒だったご主人を永い介護の末、数年前に送られました。
80代半ばになられても、昔と少しも変わらない心強く、心温まる存在の美しいままのご婦人です。
 次のお越しを約束なさって乗り込む車のナンバーは、偶然にもお隣に駐車のナンバーと同じ88-88のラッキーナンバーでした。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-05-25 14:25:14. No.246

2010-5-24 雨、風、のち朧月夜(おぼろつきよ)
予報どおりの雨の一日。
 午後からは風も強まり、唐沢周辺の樹々が、森が大きく揺れ動くほどの強い風でした。
次から次へと、雲も速く移動してゆきます。
 でも、その風に揺れ動く大樹の波がとても感動的です。
  見ていて飽きません。
夕方近くには、雲間に青空もちらほら…。 
 夕食のお客様の感動的な声が食堂から聞こえてきました。
  【きれいな、朧月夜…!!】
見上げる稜線の上に、幻想的な朧月夜がうっすらと輝いていました。
  • 01
2010-05-24 21:20:15. No.245

2010-5-23 静かな雨の午後。
朝から小雨が降っていました。
 天狗岳に登る予定だったお客様方は、街の観光に切り替えて下ってゆきました。
 晴天の昨日、山登りをなさったお客様方は、ホッとして山に降る雨を望みながら、ゆっくり温泉に浸かってからお帰りになりました。
 上の山荘に泊まり、早々に下ってきた若いグループの方々は、雨に濡れた冷たい身体を温泉でゆっくり温め、ゆっくりと談話室で憩ってからジャンボタクシーでお帰りになりました。
男湯の白かったニシキウツギはいつの間にか紅に変わり、裏庭のヤマザクラも雨の中頑張って咲き誇っていました。
雨の日曜日は日帰りで登る方も無く、市の駐車場も唐沢の駐車場も静かな状態でした。
今日、お泊り予定の山からのお客様、今頃どこの雨の中でしょうか。
  • 01
  • 02
    駐車場
  • 03
    部屋から。
  • 04
    玄関前
  • 05
    紅色になったね。
2010-05-23 15:39:31. No.244

2010-5-21 湯殿様(ゆでんさま)
早朝から文句なしの快晴。
 遠くから源泉を見ると、何と周辺から湯気が立っています。
 【もしや、冷たい源泉がお湯になったのかな…】と、急いで見に行きました。
 朝からの暖かな陽射しで、周囲の朝露が温まり湯気となって煙っていました。
 触った源泉はいつもの冷たい鉱泉でした。(10℃ぐらい)
 いつもの様に、【源泉の湯殿様(ゆでんさま)】に手を合わせ、源泉に感謝すると共に、これからの唐沢鉱泉の安泰をお願いしました。
 そして、欲張ってお願いしてみました。
 【昔のように、もう少し源泉の温度を上げてください。】
昔の資料を見ると、源泉温度は22℃位を記しています。
 欲張ってはいけないかな…。
雨の後の唐沢は気持ちよく、花と青空が拡がります。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
2010-05-21 13:10:21. No.243

2010-5-20 ご馳走様でした。
連休にグループでお越し下さった海辺のお客様。
 その折、リーダーの方が嬉しい約束をしてくださいました。
  【アサリが採れたら送りましょう。】
今日、沢山の海の幸が届きました!
 沢山で驚きました。 
  ありがとうございました。ご馳走様でした。
皆で楽しく頂戴した夕暮れ時、西の空は雲海を携えた夕焼けの名残空でした。
  明日はまた良いお天気になりそうです。
  • 01
  • 02
2010-05-20 21:32:07. No.242

2010-5-19 雨かな…。
早朝、シトシト降っていた小雨もいつの間にか止んで、曇り空のお天気です。
 唐沢鉱泉から望む西の山肌は、ヤマザクラでほんのりピンク色をしています。
 八方台入り口の近くまで行ったら、きっと一面賑やかに綺麗な【ヤマザクラの群生】が楽しめることでしょう。
また雨になりそうな空模様の為か、山に登られる方も少なく、静かな唐沢鉱泉周辺です。
先日、母の日に頂いた盛り花、嬉しくて玄関先に飾りました。
 もう少し頑張って、玄関先を賑やかにしていてくださいね。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-05-19 13:21:43. No.241

2010-5-18 、そしてクロユリ
快晴の早朝、小鳥達のさえずりが辺り一帯、大賑やかな朝です。
 あちらこちらからいろいろなさえずりが聞こえてきます。
 小鳥の種類が異なると、さえずりもまちまちです。
 聞き分けられたら、バードウォチングも楽しいでしょう。
いました、いました。
 カラフルな【ルリビタキのオス】です。
 南国の鳥の様な鮮やかさです。鮮やかな青と鮮やかなオレンジが目だちます。
 近くにメスがいるのでしょうか、囀りながら低木を渡り飛びます。本当に綺麗な小鳥です。
ルリビタキの飛び交う木立の陰に、一株の【クロユリ】発見!
 まだ小さな蕾ですが、咲くのが楽しみです。
 一昔前までは、玄関脇の植え込みの中にいっぱい群生していました。年々減って、今は探す位になってしまいました。
そしてその先には、桶が…、中は何かな?
 玄関脇で、踏まれて、踏まれて、大きくなれない【ショウジョバカマ】、ガードに底なしの桶をかぶせてあげました。
 でも、なかなか花を伸ばしてきてくれません。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-05-18 20:58:03. No.240

2010-5-17 花と源泉
嬉しくなるほどの穏やかな快晴日です。
 この快晴の数日で、唐沢の周辺も春らしく賑やかになってきています。
 裏庭の【ヤマザクラ】、日一日と蕾が膨らんできます。
 浴室外の【ミツバツツジ】、賑やかになってきています。
 男湯の【ニシキウツギ】、また小さな白い花が開きそうです。明日、明後日には白からピンク色に変わってくるでしょう。
【源泉池の苔】は日毎に緑を増し、沈殿する真っ白な湯の花とあいまって、不思議な美しい光景を見せてくれます。この源泉を初めてごらんになったお客様は皆さん感激して下さいます。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
2010-05-17 20:52:36. No.239

2010-5-16 楽しみです。
今日も快晴、見渡す限りの青空。
 外はとても気持ちよい爽やかな空気が立ち込めているようです。
ずっと続けてきた花粉症の薬を、一昨日から止めていた為でしょうか、昨日今日とクシャミが出ます。こんなに爽やかな空気のはずなのに、まだこの辺りは杉の花粉が飛んでいるのでしょうか。
仰ぐ稜線への森は青空に包まれています。
 斜面に点在する【ダケカンバ】の大木たちが、まだ新芽の付かない枝々を大きく拡げています。
  もう少しすると、あの枝々に柔らかな緑の沢山の新芽を付けてくるでしょう。
 そうすると、賑やかになって本当に素晴らしい春らしい光景になります。楽しみです。
ベランダ脇の【アズマシャクナゲ】の樹々も、勢いを増して葉もツヤツヤ、6月上旬頃の開花に向けて、蕾を少しづつ膨らませています。これもとっても楽しみです。
  
  • 01
  • 02
  • 03
2010-05-16 15:25:53. No.238

2010-5-15 穏やかに晴れました。
寒かったこの数日が嘘だったかのように、今日は朝から穏やかに晴れました。
 青空の木々の間を賑やかに囀りながら、何羽もの小さな鳥があちこちと忙しげに飛び渡っています。
 今日のあの小鳥は、シジュウカラでしょうか。
  小さな身体だから、きっと【ヒガラ】かな。
   グレーの身体に白と黒の頭、まるでパンダの色合いです。囀りながら、動きの早い事、速い事!
快晴の空は澄み渡って、西の空の向こうに雪を頂いた木曽の御岳山が遠く見えています。
 唐沢鉱泉から見る空の全てが青く、広く、気持ちよく続いています。
 寒さで縮こまっていたシャクナゲの葉も、艶々と大きく葉を拡げて青空を満喫しているようです。
今日登った天狗岳は、きっと文句なしの360度のパノラマの素晴らしさでしょう!!
もう、この天気が続けば大丈夫かな。
 降雪用のスタットレスタイヤを普通タイヤに取り替えてもらいました。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
2010-05-15 13:28:36. No.234

hibiki
初めての宿泊、お世話になりました。有難うございました。
清潔感あふれ、本当に隅々まで綺麗で、唐沢鉱泉の皆さんが、ご家族揃って"ここ"を愛していらっしゃるんだなぁあと思いました。今回は八方台の往復でラクチンコースでしたが楽しみました。そして、ゆっくり不思議~な景色の温泉に入って、お食事の猪鍋はお肉嫌いの人が「美味しかったんだよ」って言っていましたが、本当にあっさりしていてビックリしました。岩魚骨酒も美味しかったし、本当に有難うございました。近いので、これからちょくちょく行きま~す♪
2010-05-15 22:09:29. No.236

からさわ
ありがとうございました。
 世の中の狭さに驚き、様々のご縁を大切に…と痛感しております。また是非ゆっくりお立ち寄りください。
2010-05-16 06:56:41. No.237

2010-5-14 霜、そして浴室は…。
寒い寒い朝でした。-3℃。
 まだ陽の射さないあたり一面、霜で真っ白でした。
 雪かなと間違えるほどの強い霜でした。
 やがて陽が射してくると、見る見る霜は融けてゆきます。
 大屋根の霜は快晴の朝陽を受けて、雨が降り出したかのようにザーザーと流れ落ちてきます。
 快晴の大雨のようでした。あっという間に霜は消え去りました。
浴室は湯煙の中、朝陽を受けて緑が拡がっていました。
 女湯の窓際のシダも新芽を携えて、元気良く茂ってきました。
 やはり窓際の実生から育ったナナカマドも年を経るごとに背高のっぽに伸びてきて、2mほどに大きくなって今年も新芽を拡げてきました。
 あのニシキウツギに負けないように頑張っています。
頑張れ、頑張れ、浴室のみどり…!!
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2010-05-14 10:31:40. No.233

2010-5-13 小さすぎて…。
追っても追っても逃げてしまいます。
 小さすぎて、何処に居るのかわかりません。
  大きく撮れるカメラがあったらな~~!
  • 01
  • 02
2010-05-13 15:56:39. No.232

2010-5-13 ルリビタキ
今朝は寒い朝でした。
 見上げる稜線は雪でしょうか、霧氷でしょうか、真っ白でした。
 昨日の唐沢の一瞬の横殴りの吹雪は、山の上ではすごい吹雪だったのではと思いました。
今日は晴天、陽射しの中で可愛い囀りが聞こえてきます。
 声を辿って、そっと近づくと川辺へ、木立へ、ベランダ先へと、小さな鳥が渡り飛びます。
 追いかけても、追いかけても追いつきません。
  【ルリビタキのメス】のようです。
   ウグイス色の背にオレンジ色の胸、尾の先は青色をしています。賑やかに囀りながら、飛び続けます。
 図鑑を見ると、オスは鮮やかなルリ色とオレンジ色でメスを呼ぶ為に囀る…とあるのに、周囲には見当たりません。
 あのメスは離れてしまったオスを呼んで、探しているのでしょうか。
  • 01
  • 02
2010-05-13 15:26:24. No.231

2010-5-12 初花(ニシキウツギ)
浴室のあのニシキウツギに花が咲いていました。
 今年の最初の花です。小さな小さな花でした。
  開花したのは昨日だったのでしょうか、一昨日だったのでしょうか。
 もう白からピンクに変わりかけていました。
  折角の初花なのに、ゴメンネ!気が付きませんでした。
良く見ると他にも小さな蕾が付いていて、続く開花が楽しみです。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-05-12 09:47:55. No.228

ちりたも
10日朝は咲いていませんでした。
咲き始めたばかりでしょう。
毎年、そのたくましさに元気をもらいますね。
2010-05-12 12:07:35. No.229

からさわ
先日はお泊りありがとうございました。
 その折はやはり咲いていなかったのですね。
 あの【ど根性ニシキウツギ】に負けないように頑張らねばとパワーを貰っています。
 葉が茂り、花のいっぱい咲く頃にまたゆっくりお立ち寄りください。お待ちしております。
2010-05-12 15:46:15. No.230

2010-5-9 里は春爛漫。
山の雪を背景に、里は春爛漫。
 唐沢鉱泉への沿線、【広見地区のハナモモ】が今賑やかに咲き誇っています。
 西天狗岳を背景にとても鮮やかです。
  あの天狗岳の中腹に唐沢鉱泉は存在しています。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-05-09 15:22:35. No.227

2010-5-9 裏庭の雪も徐々に融けて…。
この数日暖かい日が続き、雨の日もあり、浴室の裏庭の僅かに残った雪の塊も、徐々に小さくなりすっかり消えました。残るは本館裏庭の僅かな雪の塊のみになりました。 
 春の深まりは嬉しいけれど、冬の名残も取っておきたい気持ちです。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-05-09 14:46:38. No.226

2010-5-8 晴れました!
やっぱり快晴になりました。
 気持ち良い五月晴れになりました。
 
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
2010-05-08 12:39:53. No.225

2010-5-8 今日は快晴かな・・・。
午前6時、気温-2℃。
 雨上がりの早朝は穏やかです。
 もう少しであの山の稜線から日の出です。
 雨上がりの地面はうっすらと霜で真っ白できれいです。
  朝陽が射し始めたら、きっとすぐに消え去る運命です。
 西の山の峰はすでに日が射し始め、今日はきっと快晴の良いお天気になりそうです。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
2010-05-08 06:30:05. No.224

2010-5-7 終日、雨・・・そして夕焼け。
天気予報どおりの一日中、雨…。
 朝から夕方まで降り続いた雨は、唐沢の流れを見る見る濁流に変えてゆきました。
 いつもは聞こえない沢の音が、ゴーゴーと大きな音を立てて前の堰堤を流れ落ちてゆきます。
 夕方近く、にわかに明るくなり青空が雲間に見え隠れして来ました。
 そして夕暮れ近く、西の空は夕焼けの中に中央アルプスを影絵のように映し出していました。
 明日はきっと良いお天気になりそうです。
  • 01
2010-05-07 22:01:44. No.223

2010-5-6 連休も終わって・・・。
5月に入り、あっという間にゴールデンウィークの連休も終わっています。
 連日晴天続きでラッキーでした。
まだ雪山の天狗岳を一周なさった方々。
 アイスバーンの残る山道をしっかりした装備で登ってゆく中年のご夫婦。
 大勢のグループでリーダーを先頭に悠然と下ってこられる、やはり中年の男女の南八ヶ岳を縦走なさって来た方々。
 
諏訪大社御柱祭りの里引きに、ハッピ姿で朝から参加なさった方々。
 地元の氏子と一体化し、日焼けと興奮で、紅潮なさったお顔でお帰りでした。

山からお帰りの方々、里からお帰りの方々、
 三井の森でゴルフを楽しんだ方々、
  お孫さん達と共にドライブを楽しんだ方々
 ゆっくり温泉に浸かり、ゆっくり疲れを癒して
  どなたもそれぞれに堪能してお帰りになられました。

連休が終わり、ふと気が付くと
 男湯のあのニシキウツギも頑張っていて
  朝陽の中で緑の小さな新芽を沢山付け始めていました。
 
みんな、それぞれに頑張って、連休も終了しました。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-05-06 09:57:17. No.222

2007
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2008
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2009
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2010
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2011
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2012
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2013
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2014
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2015
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2016
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2017
1
2
3
4
5
6
最新記事(1-100) - 全て表示
284 どこまでも青い空 [2016-5-23]
283 アズマシャクナゲと一輪のクロユリ [2016-5-20]
282 冬期休業 [2015-12-23]
© 2015 ニュース・ログ MOUNTAINTRAD® Inc.