大雪高原山荘 ニュース・ログ

| home
  • 2022-06-29(水)
2008-6-27 熊に避けられているナベです
今年初の沼めぐりに出かけてきました。
沼入り口は、新緑が眩しく美しいのです。野鳥観察をしながら、やっと高原沼に着くと、ヒグマ情報センターの斉藤さん、岩永さんの姿が。「さっきまで、三笠新道にいた熊が、ナベちゃんが来たら、居なくなったよ」とのこと。私は、いつも熊に避けられてしまうのです。三笠新道第一号の熊が発見され、今日から三笠新道は、閉鎖されました
  • 01
  • 02
  • 03
2008-07-02 16:36:28 No.205

2008-6-25 6月25日 石の上に座る木
スタッフ小林さん、リエちゃんが、初めて一週してきました。
沼は、鴨沼辺りから残雪の道を歩きます。エゾ沼付近は雪道の傾斜で滑りやすいので、沼に落ちそうでした。
大学沼も高原沼も雪解けは、例年の7月中旬並みです。空沼を通りすぎて、右回りコースに入ると、高山植物が沢山咲いていました。その途中、石の上に座るようにそびえている木やたんこぶの木を目にして、興味深く見つめてしまった、小林さんでした。
  • 01
  • 02
  • 03
2008-07-02 14:39:31 No.203

2008-6-29 銀座のマチコ?
黒岳からお鉢平、裾合平、旭岳ロープウェイまで行きました。
黒岳周辺は、クロユリ、イワウメ、エゾノツガザクラ、エゾコザクラソウ、メアカンキンバイ、キバナシャクナゲなど、高山植物が咲き始めていました。
大雪の高山植物を初めて目にしたスタッフリエチャンは、すっかりイワウメのとりこになりました。北海岳へ行く途中では、ギンザンマシコの姿が。我々がカメラを向けても逃げずに、ポーズをとっていました。ギンザンマシコを初めて目にしたリエチャンは、「銀座のマチコ?」と覚えてしまいました。
裾合平周辺は、高山植物が一面に咲いており、旭岳の広大な大地に圧倒されました。
帰りは、旭岳ロープウェイで働いている、友人のはるちゃん、美保ちゃんと久しぶりに再会することが出来ました。
  • 01
  • 02
  • 03
2008-07-01 13:44:05 No.202

2008-6-21 迷いそうーーー。
今日は、久々に山へ出かけました。
天気はあいにくの雨模様。
お花畑はガスで前が何も見えずーーー。
こんな時は、迷いやすいので気をつけよう。
翌日は、少しの晴れ間に高根ケ原を少しだけ散
  • 01
  • 02
  • 03
2008-06-27 15:02:30 No.201

2008-6-21 迷いそうーーー。
今日は、久々に山へ出かけました。
天気はあいにくの雨模様。
お花畑はガスで前が何も見えずーーー。
こんな時は、迷いやすいので気をつけよう。
翌日は、少しの晴れ間に高根ケ原を少しだけ散歩できました。
  • 01
  • 02
  • 03
2008-06-27 14:58:36 No.200

2008-6-19 沼から三笠新道へ
リエちゃんが沼から三笠新道へ登り白雲避難小屋まで
行きました。
この時期しか登ることしかできない三笠新道の登りは、
かなりの急坂で大変だったそうです。
それでもなかなか見ることの出来ない風景に感動しました。
  • 01
  • 02
  • 03
2008-06-27 14:55:23 No.199

2008-6-15 やはり熊がいますね。
伊藤部長がお花畑の様子を見てくれました。
一部雪解けで見えているものの雪解けはまだまだです。
天候が悪いとガスって迷いやすいので気をつけましょう。
熊のフンも発見、やはり、熊さんがいるのですね。
  • 02
  • 03
  • 04
2008-06-27 14:52:10 No.198

2008-6-12 雪解け早い高原沼めぐり
スタッフリエちゃんが沼へ入りました。やはり、雪解け早く沼が姿を
見せている所がありました。
ミス゛ハ゛ショウ、エソ゛ノリュウキンカが見事に咲いていました。
  • 01
  • 02
  • 03
2008-06-27 14:45:45 No.197

2008-6-11 今年も無事にOPENしました!
今年も無事に10日にOPENしました!
毎年、OPENに来られるお客様とも再会!
感謝、感謝です。
今年は、平日のスタートのせいか、静かで穏やかなOPENとなりました。
皆様のお越しを心より、お待ちしております。
  • 01
  • 02
2008-06-11 18:15:10 No.194

2008-6-8 沼巡り開始!
昨日から、ヒグマ情報センターが管轄する、沼巡りコースが例年より早く開山されました。
早速、伊藤部長が沼の様子を見に行ってくれました。
緑沼から高原沼は、まだまだ雪に閉ざされていました。
沼までは、残雪がかなりあるので、道に迷いやすいようです。お越しの際は、長靴必携、道は、わかりづらいので、わからない場合は、引き返すようにして下さい。
  • 02
  • 03
  • 04
2008-06-11 18:07:55 No.193

'07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2012
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'13
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2014
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2015
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'16
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2017
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2018
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2019
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2020
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2021
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2022
1
2
3
4
5
6
© 2015 温泉宿 ニュース・ログ MOUNTAINTRAD® Inc.