大雪高原山荘 ニュース・ログ

| home
  • 2022-06-30(木)
2010-4-30 アトリの群れ
今日は当麻の山へ散歩に出かけました。
雪もほぼ解けており、いよいよ夏鳥がたくさん見られるようになります。すでにウグイスやアオジの気持ちよい鳴き声が聞こえており、気持ちよく歩けます。
歩いていると、クマゲラの大きな食痕の跡もあり、姿が見られるのではと期待、大です。かなり柔らかな鳴き声がそこらじゅうで聞こえると思ったら、アトリの群れが30羽ほど樹に留まっていました。
かわいい小鳥たちを見て心和んでいたのもつかの間、雨が急に降り出し、急いで車の元へ帰りました。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-04-30 09:44:00 No.500

2010-4-29 愛山渓の山
今日は、広瀬支配人と小林副支配人が層雲峡へ所用で出かけたついでに山荘のゲート前の様子を見に行ってくれました。
先日見たとおり雪の具合は多いようです。
愛山渓の山の様子も見に行ってくれましたが、ここも例年より遅くゲートが閉まっていました。
今日は快晴!愛山渓の残雪が真っ白に浮き出ていました。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-04-30 09:30:41 No.499

2010-4-28 遊び心満載!
今日は、工場内にあるリサイクル館「紙遊館」で開催している山根政弘さんの絵画展を見に行きました。
山根さんは70歳を過ぎてから絵画を本格的に習い始め、絵画展で入賞するようになったそうです。
絵には、新聞をキャンバスに貼ったり、魚の骨を描いたり、猫の絵が特徴です。どうして魚の骨をくのかと訪ねると、本当は動物の骨を描きたかったそうで、あまりに大きすぎて手に入らず、魚の骨なら身近なものとして描けると思い、絵の題材にしています。猫の生きている躍動感と魚の骨とで生と死を描く山根さん。お話していてもとても嬉しそうにお話しています。絵の中には自分にしか分からない遊び心満載のメッセージが隠されていたりします。
ぜひお近くの方は「紙遊館」へお越しください。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-04-30 09:14:31 No.498

2010-4-27 今年は雪が多いですよ~
日曜日、十勝川温泉の帰りに高原山荘の林道のゲートの様子を伊藤部長が見てきてくれました。
昨年はゲートがほぼ見えていたのに今年はまだほとんど雪で埋もれていました。
春先から雪が降り続いていたためか、残雪の量は多いようです。除雪作業も今年は4日ぐらいかかるのではと予想しています。
5月にあまり暖かい日が続かないと、山の春はかなり遅れそうな予感です。
  • 01
  • 02
2010-04-27 12:40:49 No.497

2010-4-25 この木 何の木 気になる木♪
伊藤部長が十勝川温泉へ行ってきました。
幕別町では50個以上もあるアオサギのコロニーを見つけてきました。巣を眺めるともうすでにアオサギの子供が巣にいました。おしりを向けて巣の外へウンチ君をするので、伊藤部長はもう少しで頭に落とされそうになったとか。
嘴は婚姻色のオレンジ色をしています。伊藤部長もたくさんのアオサギの姿にびっくりだったようです。!
また、豊頃町へ、あのおなじみのCMで良く聞くこの木なん木♪のモデルになったハルニレの樹を見てきたそうです。
周辺にはマガンやアカゲラ、ミヤマカケス、オオハクチョウたちの姿も見れました。幌尻岳のど~んとした姿も見てきたそうです。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2010-04-26 13:01:24 No.496

2010-4-24 かもめと思いきや
今日は休日にウシュベツ川を連れと散歩してきました。
夕暮れ時、ピピピピッという声が鳴り響き、ああもうイソシギがやってきたんだなぁ~と飛び交う姿を眺めていると、ヒバリの声も聞こえており、春の歌声がそこらじゅうで聞こえてきます。
帰り道、川辺のイソシギを観察しているとその向こうにイソシギノ大型の鳥が見えます。一瞬かもめ?と思いきや、連れが望遠鏡で観察すると足がピンク色でとても長いところからセイタカシギかもしれない!!と言って驚きを隠せないようです。聞くと、珍しい鳥らしくカメラカメラと急いでカメラを向けると、残念~!またもやメモリーカードが入っていない!!こんないいシャッターチャンスの時にいつも逃してしまう私です。それでも連れはあきらめきれず、急いで自宅へ戻り、フィールドスコープを取りにいき、なんとか夕日が沈む前に撮影できました。ちなみにセイタカシギの雌でした。
セイタカシギは、主にユーラシア大陸の暖地で渡来、留鳥する鳥で、日本では迷鳥とされていましたが、昨今では東京湾や千葉県、愛知県の干潟で見られるようになっている鳥だそうです。
大きな体の割にピンク色の細い足の長い姿を見るとなんだかおかしくなってしまう鳥だなぁ~と興味深く見てしまいました。くちばしも細長くてとがっていて、マンガですぐ書けそうなセイタカシギでした。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-04-26 09:21:53 No.495

2010-4-18 旭川市でも表彰されました。
今日は、パラリンピックのアイススレッジの三澤選手や旭川市の永瀬選手、伊藤選手たちが旭川市で表彰されました。
今回は中北監督も来場され、市で表彰されたそうです。
銀メダルのおかげで色々な場所で引っ張りだこの監督、選手たちもお疲れ気味かも知れません。嬉しい悲鳴ですね。
伊藤部長も中北監督と色々とお話ができたそうです。
  • 01
  • 02
  • 03
2010-04-21 08:53:19 No.494

2010-4-19 迷鳥を見つけた!
伊藤部長が当麻町の畑で白鳥の写真を撮っていたところ、変わったくちばしの白鳥がいたと私のところへ聞きに来ました。よく見ると通常黄色と黒のくちばしをしているコハクチョウにまぎれて、くちばしが真っ黒な白鳥がいます。
私も見たことがなく、突然変異でこうなったの?と思いきや調べてみると、いるのですね。アメリカコハクチョウだということが判明しました。!
北アメリカのツンドラ地帯で繁殖し、冬は、北アメリカ中部へ渡るそうです。ですので、本来は日本にはやってこない鳥ですが、稀にコハクチョウの群れに混じって間違って日本にもやってくるそうです。
普段ハクチョウを見ただけだと、そこまで気にせず見てますが、さすが動物の感がするどい伊藤部長!珍しい鳥を見つけてくれました!
  • 01
  • 02
  • 03
2010-04-19 13:21:01 No.493

2010-4-15 芽が出た!
ここ2日、寒さが舞い戻ったように雪が降りました。
今日は、工場の構内の畑のビニールハウスへ厨房の木川田さんと山わさびを採りに行きました。施設の橋本さんが増やしてくれた山わさびでおすそ分けしてもらったのです。ビニールハウスでは、工場内に植えられるマリーゴールドやサルビアの花の植え付けで施設の方や事務所の女性陣も総出で準備に追われていました。
山わさびは北海道ではとてもポピュラーな春の野草です。
西洋わさびといわれているもので、本州で見る緑色の本わさびとは違い、白い色をしています。雪解けになると山わさびの芽が顔を出します。これをおろし金ですって醤油をたらし、温かいご飯にのせて食べると目にしみるような辛さですが、これがとても美味しいのでクセになる味なのです!
粉わさびで使われているのもこの山わさびが原料なのだということも最近知りました。
収穫した山わさびは冷凍保存して山荘の朝食バイキングで活用する予定です。ぜひ山荘でこの味を味わってみてください!(ただし辛いので、ちょっとご飯にのせることおススメします。)数量限定ですので、お早めにお越しくださいね。
また、木川田さんが去年植えてくれた行者にんにくの芽がたくさん顔を出していました。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2010-04-16 08:59:57 No.492

2010-4-5 大雪の山が顔を出しました
伊藤部長が工場の屋上から大雪山の写真を撮ってきてくれました!
春になると青空に大雪の残雪の姿を見ることができます。
早く山に登りたいですね。
  • 01
  • 02
2010-04-15 13:06:21 No.491

2010-4-10 久々の再会
今日は、高原スタッフではおなじみの原ヨメが遊びに来てくれました。
ヒグマセンターの松野さんのうちで岩永さんや連れも一緒に集まり久々に楽しく盛り上がりました。
いつものたこ焼きとビールでオバサン、オジサントーク炸裂です。
本音を言い合える仲間と話ができ、いいリフレッシュとなりました。
昨年来たバイトの綾ちゃんに深夜にメール攻撃したのにも関わらず、酔っ払いのオバサンたちの相手をしてくれた綾ちゃんに感謝感謝!お騒がせいたしました。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2010-04-12 13:29:07 No.490

2010-4-8 3人勢ぞろい
今日は、パラリンピック代表の三澤さんの銀メダル報告会が旭川工場内で行われました。
ゲストにアイススレッジで共に戦った、永瀬選手と伊藤選手も駆けつけてくれました。
高原山荘にも毎年来ていただく田村さんの息子さんコウキ君にも再会。子供たちは銀メダルを目の前にし興奮気味です!
3名ともお仕事でお疲れの中出席してくれたにも関わらず、笑顔で皆にメダルを披露してくれました!3人に囲まれて一緒に写真も撮ってもらい、感激です!
また、永瀬選手のGKのマスクやアイススレッジのそり、スティックも場内で展示してくれました。
GKのマスクは、うん十万円もする高価なマスクに、思わずかぶりたくなります。またスティックの先にはギザギザの刃がついており、アイススレッジならではの道具の工夫がされているのには関心を持ちました。
今回は三澤さんが日本製紙にいたおかげで身近に障害者スポーツのすばらしさを知ることができました。これからも障害者スポーツに関心を持つ人たちが増えていって欲しいと願います。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2010-04-12 13:10:20 No.489

2010-4-4 オジロワシ
札幌から自宅へ帰る途中、石狩川でオジロワシを見つけました。周りの樹にはカラスの大群がおり、繁殖期の時期に巣を作るためなのか、カラスも縄張り争いで大きな猛禽類にも追い回作戦を仕掛けています。
よく見ると大きな樹に3羽のオジロワシが樹に止まっていました。3羽とも違う模様の羽をしており、まだ白い羽のオジロは幼鳥のようです。
カラスがしつこく追い回すせいか、飛んだり、樹に止まったりの繰り返しでした。
普段は空の上しか見る機会がないので、遠くから興奮気味にずっとオジロワシを観察できました。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2010-04-06 13:08:24 No.487

澤さん
 こんにちは、澤さんです。

 本日、高原山荘様より、支配人交代のお知らせを頂いて、驚いています。
中村支配人のあの自然な気取らないお人柄が懐かしいです。
まさか、お体を壊されたとか・・?(^^;

今まで、本当にお疲れ様でした。m(_ _)m

そして「広瀬新体制」の山荘を訪問を楽しみにしています。

またよろしくお願いします。(^^)/
2010-04-08 16:53:10 No.488

2010-4-3 初めて目にしました
今日は、札幌の野幌森林公園へ連れの父春男さんと一緒に散歩へ出かけました。道はまだまだ残雪が多いのでグサグサと足がはまりながら歩きました。子供の頃に樹と関わってきた春男さんは歩きながら樹の名前も見てすぐ分かってしまうので、樹にまつわる話を色々と教えてくれます。
途中、クマゲラがいますよと歩いている人が教えてくれました。急いでその場所へ行くと人がすでにたくさんおり、動物園のようです。樹を見上げると見ている人間たちにかまわず、クマゲラがすごい速さで樹をつついていました。
その近くでツピョ~ンピョ~ンと鳴いていた雌が後から飛んできて2匹も目撃できました!
漫画チックな目を見ると、鳥ではないようなおもちゃを見ているような感覚でした。
  • 01
  • 02
2010-04-05 13:01:07 No.486

'07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2012
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'13
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2014
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2015
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'16
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2017
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2018
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2019
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2020
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2021
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2022
1
2
3
4
5
6
© 2015 温泉宿 ニュース・ログ MOUNTAINTRAD® Inc.